独立メリット・デメリット

Webエンジニアの仕事でデメリットとなるのは、正社員の口があまりないということでしょうか。派遣社員や在宅ワーカーとしての仕事は多いのですが、正社員の求人はなかなか見つけることができません。あっても給料が派遣並みに安いことが多いです。

確かに大企業でWebエンジニアをするなら年収も高くなりがちですが、派遣やそれに準ずる働き方では年収もあまり高くはなりません。このあたりがデメリットと言えばデメリットです。ただ、Webエンジニアは独立したいと思ったときにすぐに独立ができる仕事でもあります。もしも派遣の待遇に満足が行かなかったときには、独立をしてしまえばそのデメリットも消し去ることができます。

リスクは多少増えますが、派遣ならいつかはその会社を離れてまた別の仕事場を見つけなければならないのですから、同じことです。あまり変わりはありません。独立をしてしまえば、仕事の種類も自分で選んでいけるようになります。報酬が満足できない仕事は断ることもできますし、快適なエンジニア生活が送れるかもしれません。

しかしフリーランスになると、色々と面倒なことも増えます。仕事は自分で取ってこなければなりませんし、確定申告も自分で行わなければなりません。独立をするにしても、デメリットは必ず付いて回るのです。そもそもデメリットがない仕事もありませんから、そのあたりはメリットも含めて自分に合った働き方を選んでいくことで解決するしかありません。