自由を獲得したいなら

Webエンジニアとして企業に勤めて様々な業務に携わってくるとそれだけで一つの財産になります。そのスキルと経験を生かして独立を目指すことが可能であり、仕事の依頼を受けてWeb開発を行うフリーエンジニアとして働くことができるでしょう。

一方で、完全に独立して個人で働くことを目指せるのもWebエンジニアの特徴です。デザインからプログラミング、コーディングに至る一通りのスキルが備わっていれば個人でWebを構築し、維持管理を行っていくことは難しいことではありません。その面白さに着目して、個人で働くことを目指す人もいます。

Webに関わる仕事を個人で行うメリットは自由を獲得できることです。企業から仕事の内容に関する束縛を一切受けることがありません。自分がやりたいと思った仕事を自分でよく吟味し、実現したいと感じたら自ら開発を行って販売あるいは公開が可能です。その世の中の反響に応じて維持管理を行うかどうかの判断も自由にでき、やり方も束縛されることはありません。利益につながるから行うと考えると企業と同じですが、利益にならなくても趣味で行うという決断をする自由もあります。それが結果として成功につながる場合もあるのが面白さともなるでしょう。

Webエンジニアとしての一通りのスキルがあるだけで独立して働くことは比較的容易です。企業による束縛から抜けだして自由を獲得してWebに関わっていくなら目指すと良いでしょう。